ヒューマントライアングルはマイナビ転職、DODA(デューダ)、マイナビ転職EXPO、マイナビ2010、WEBan(anエリア,anセレクト,anレギュラー)、an、バイトルドットコムなど 求人広告と呼ばれるものは全て扱う東京の求人広告代理店です。 新卒採用や中途採用、正社員採用から派遣社員、そしてアルバイト採用まで。採用ニーズに合わせて求人広告をご提案します。ヒューマントライアングルは求人広告の取り扱いを通して、企業様の人材採用の総合コンサルタントとして支援させていただきます。

« バイトルドットコムのお仕事動画機能がiPhoneアプリで再生可能になりました | メイン | バイトルドットコムの商品情報ページを更新 »

転職サービスDODA~ 2010年総括 仕事と転職の実態調査

Clip to Evernote

●転職サービス「DODA(デューダ)」~2010年総括 仕事と転職の実態調査

2010年に転職した人は全体の5.6%、20代では9.8%、10人に1人が転職

2010年に入ってから「転職した」人は全体の5.6%、「転職はしていないが、転職を検討した」人は25.3%、「転職や、転職の検討はしていない」人が69.1%という結果になりました。年齢別に見ると、25~29歳では「転職した」人は9.8%と、10人に1人が2010年に入ってから転職したことがわかりました。一方、35~39歳で「転職した」人はその約半分の4.6%で、年齢が低いほど転職を活発に行ったことがうかがえます。
2010年転職の実態

2008年秋のリーマンショックを発端に、2009年は企業の倒産やリストラにより、転職者の数は一時的に増加傾向にありました。その後、就業者の安定志向や終身雇用志向が高まり、また求人数も減少して「企業の買い手市場」が続いたため、就業者は転職を控える動きが見受けられました。
2010年に入ると、景況感が徐々に好転する中で、「倒産/リストラ」を理由に転職する人が減少する一方、「他にやりたい仕事がある」といった前向きな理由で転職をする人が増えてきました。また、転職求人倍率(※注1)も右肩上がりで、2010年1月の0.8倍から、2010年9月には1.08倍まで上昇し、転職市場は徐々に動き始めています。2010年後半には、リーマンショック以降ほとんど見られなかった、大手企業や第二新卒の求人も増え、転職者にとっては徐々に転職しやすい状況に変化した1年といえます。
※注1:「転職求人倍率」は、DODA転職支援サービス登録者1名に対して、中途採用の求人が何件あるかを算出した数値になります。

--------------------------------------------------------------------------------
中途採用媒体
マイナビ転職
イーキャリア
DODA
weban レギュラー
--------------------------------------------------------------------------------


マークDODAの掲載料金
mailマークDODAの掲載申し込み・問合せページ
ポイント求人広告代理店ヒューマントライアングル

HOME

求人広告の掲載に関するお見積り・問合せmenu

1.求人広告の掲載について
無料相談へ申込
2.掲載料金に関する問合せ
無料見積もり依頼
3.お急ぎの方はお電話で 03-5312-8081

-求人広告サービス提供エリア-
北海道,青森,岩手,宮城,秋田,山形,福島,茨城,栃木,群馬,埼玉,千葉,東京,神奈川,新潟,山梨,長野,岐阜,静岡,愛知,三重,富山,石川,福井,滋賀,京都,大阪,兵庫,奈良,和歌山,鳥取,島根,岡山,広島,山口,徳島,香川,愛媛,高知,福岡,佐賀,長崎,熊本,大分,宮崎,鹿児島,沖縄