ヒューマントライアングルはマイナビ転職、DODA(デューダ)、マイナビ転職EXPO、マイナビ2010、WEBan(anエリア,anセレクト,anレギュラー)、an、バイトルドットコムなど 求人広告と呼ばれるものは全て扱う東京の求人広告代理店です。 新卒採用や中途採用、正社員採用から派遣社員、そしてアルバイト採用まで。採用ニーズに合わせて求人広告をご提案します。ヒューマントライアングルは求人広告の取り扱いを通して、企業様の人材採用の総合コンサルタントとして支援させていただきます。

« ‹アルバト採用サイト›アンエリア,セレクト,レギュラーの情報更新 | メイン | ‹求人サイト›マイナビ転職の特集ページを更新 »

‹新卒採用サイト›マイナビ2009,毎日就職ナビの調査データ

毎日就職ナビ2008

2008年度の新卒採用についての最新情報を発表します。

詳しい資料に関しては、お問合せ下さい。



●全体の採用充足率は横ばい。上場企業・製造業で「質・量とも不満」とする回答が増加
売り手市場といわれるこの環境において、採用充足率は86.5%と昨年と比較して横ばいの結果となった。これをグループ別に見てみると、上場企業の充足率が昨年から4.1ポイント減少(07卒95.4%→08卒91.3%)する一方で、未上場企業の充足率は6.3ポイント増加している(07卒75.8%→08卒82.1%)。製造・非製造においては製造業の充足率が2.4ポイント減少(07卒91.1%→08卒88.7%)する一方、非製造は2.0ポイント増加(07卒83.5%→08卒85.5%)する結果となっている。
また、採用活動の満足度においても、「上場」グループにおいて「質・量とも満足」が36.6%と5.4ポイント減少する一方、「質・量とも不満」が3.4ポイント増加、「質は不満・量は満足」が4.6ポイント増加していることから、この傾向を裏付ける結果となっている。製造業においても同様の傾向が現れており、採用数の増加に伴って上場企業や製造業での質を中心とした満足度が下がるという結果となっている。


●内定基準は「昨年並み」ながら、上場企業では厳しくする傾向に
内定を出す基準は「昨年並み」が若干増加し(07卒75.0%→08卒77.3%)、約8割が「昨年並み」と回答する結果になった。各グループ別に見てみると、上場グループで「昨年より基準を厳しくした」が07卒6.1%から、08卒で9.1%と3ポイント増加している。未上場では12.6%から11.4%と、ほぼ横ばいな結果となっている。
学生の大手志向が拡がりエントリー数も一定数確保できる環境にある一方で、採用基準を厳しくしながら量を確保しなければならない状況が、上場企業の充足率・満足度低下の一要因となっているのではないかと推測される。


●厳しかった理由は「母集団の確保」が今年もトップ
採用活動が厳しかった理由では「母集団の確保」が54.8%と昨年よりポイントを減らしたものの、トップとなった(07卒57.4%→08卒54.8%)。次いで昨年3位だった「セミナー動員」が48.4%となり、2位だった「辞退の増加」は46.6%で3位となった。
前年との比較で見てみると、「学生の質の低下」は年々減少傾向にあったが、今期は特に「上場」グループで大幅に増加している。(上場:07卒30.3%→08卒49.1%、18.8ポイント増)また、「採用活動早期化への対応」が各グループで増加している。併せて「マンパワーの不足」が挙げられる割合も増加しており、激化する競争の中でセミナーや学校訪問、選考等に人手が足りなくなっていることがうかがえる。


●内定者フォローは「定期的な懇親会」中心、接触回数は増加傾向
実施している内定者フォローは「定期的な懇親会を開催」が昨年から割合を増やし、最も多い結果となった(07卒60.1%→08卒65.8%)。また、内定者との接触回数は、昨年「入社までに1~2回程度」(38.9%)が最も多かったが、今期は「2ヶ月に1回程度」(27.0%)が最も多く、次いで「毎月1回程度」(26.3%)となり、それぞれ昨年よりその割合を増やしている。内定者フォローの内容もさることながら、今期は回数を増やしてより密なフォローをしようとする企業が増えたようだ。 


●平均的な選考回数は3.2回
内々定を出すまでに一人あたり何回選考を行っているか聞いたところ、平均で3.2回という結果になった。グループ別に見てみると、上場企業の方が平均回数3.44回と、未上場企業(3.13回)より多かった。
選考回数の最頻値が3回であることから、3回と回答した企業でどのような選考を行っているか集計してみると、1次では筆記試験、2次・最終と個人面接を行うところが多いようだ。個人面接は面接官2名に対して学生1名の割合が平均的だった。


●次年度の採用が「厳しくなる」という予測が66.2%。採用数ほぼ「今期並み」の予測
次年度の活動予測を聞いてみると、「今期よりも採用が厳しくなる」と予測する採用担当者は減少する一方、「今年度並み」が増加しており、これ以上厳しくなりようがないと感じ始めているようだ。

採用数についても今年度並みとする回答が最も多く、ほぼ横ばいといった数字となった。次年度の採用スケジュールを見てみると、ほとんどの項目で「今年度と同時期(予定)」とするものの、採用情報の公開やエントリー受付、会社説明会開催などは「前倒し」という回答が3割以上あることから、早期化の傾向に変わりはない。


2009年の新卒採用もスタートしております。
下記より2009年の新卒採用サイトの情報も併せてご覧下さい。
マイナビ2009


マイナビ2009の料金案内
毎日就職ナビ2008の料金案内
マイナビ2009の掲載申し込み・問合せ
求人広告のお申し込みは株式会社ヒューマントライアングル

HOME

求人広告の掲載に関するお見積り・問合せmenu

1.求人広告の掲載について
無料相談へ申込
2.掲載料金に関する問合せ
無料見積もり依頼
3.お急ぎの方はお電話で 03-5312-8081

-求人広告サービス提供エリア-
北海道,青森,岩手,宮城,秋田,山形,福島,茨城,栃木,群馬,埼玉,千葉,東京,神奈川,新潟,山梨,長野,岐阜,静岡,愛知,三重,富山,石川,福井,滋賀,京都,大阪,兵庫,奈良,和歌山,鳥取,島根,岡山,広島,山口,徳島,香川,愛媛,高知,福岡,佐賀,長崎,熊本,大分,宮崎,鹿児島,沖縄